i-mateロゴ  
LIXIL
トップ 修理依頼 快適サポートサービス 暮らしテク
必殺お掃除 LIXIL(INAX)製品ご紹介
ログアウト
  プロが教える必殺お掃除テクニック
窓
Window
「窓掃除のコツ」
普段はなかなか面倒で掃除が後回しになってしまう窓ガラス。お掃除しても、雑巾の細かい糸くずが付いて拭きあとが残ってなかなかキレイにならないことも。でも、窓がキレイだと部屋の中も明るくなりますし、外の風景もスッキリ見えて快適ですよね。コツをつかんで、きれいな窓を手に入れましょう!
こうすればよりきれいに
1 まず、汚れの少ない内側、また、上下に分かれている窓の場合は、上部の窓からはじめましょう。
2 ガラス用洗剤を窓ガラスにジグザグに吹きつけ、古いTシャツなど毛羽の立たない布でふきあげます。(洗剤をスプレーする時、下にぞうきんを敷くとワクを傷めません)外側も内側と同様にします。
3 ガラスのふちなどは歯ブラシを使ったり、 割り箸の先を少しつぶして繊維質にしてこするとよく汚れが落ちます。
4 仕上げは、新聞紙をくしゃくしゃにして、ふき取ると適度なつやが出ます。
(カットや模様つきのガラスは汚れがたまりやすいですが、その場合は古くなった歯ブラシなどに洗剤を付けてこすればキレイになります。)
5 網戸は、掃除機などでホコリを取った後、住居用洗剤を吹き付けてから網の部分をスポンジ2個ではさみつける要領で拭きあげます。軽く回数を多くすると網を傷めずきれいに仕上がります。ついでに、サッシ用ブラシや歯ブラシを使ってレールの溝やサッシ枠もきれいにしましょう
戻る
 
お掃除知っ得情報!
みんなの工夫
Copyright(c) LIXIL Total Service Corporation.
サイトご利用条件プライバシーポリシー