i-mateロゴ  
LIXIL
トップ 修理依頼 快適サポートサービス 暮らしテク
必殺お掃除 LIXIL(INAX)製品ご紹介
ログアウト
  プロが教える必殺お掃除テクニック
トイレ
Toilet
「トイレ掃除のコツ」
トイレの中でも便器は、一番お掃除する甲斐のある場所。
しっかりポイントさえおさえれば、 いやなニオイも汚れも楽に落とせます。
毎日を快適に過ごすために、ぜひこれらの達人ワザを 試してみませんか?
準備編
便器の回りで特に汚れやすい5つのポイントをチェック!
photo
1 便座の下になっている面(リム上面)
2 便器の内側周囲。水が出てくる穴の
あるところ
point 飛び跳ねた尿がたまりやすく、ニオイのもとになります。見えにくい場所だけに、常にチェックを心掛けて!
3 水が溜っている部分と乾燥面の境目
4 水が溜っている部分の底。排水入口
point 届かないところの汚れは、ゴム手袋を装着してスポンジタワシや布などでこするのがベター。
5 便座の取り付け部分と便器の境目
実践編
これで完璧!便器のお手入れテクニック
ふだんはこんなふうに
ふだんのお手入れは、トイレ洗剤を便器の汚れている箇所にかけ、しばらく放置します。その後、ブラシやスポンジでこすり落としましょう。最後に洗浄水で洗い流します。頑固な汚れは、クリームクレンザーをブラシまたは布などに付けてこすり落とします。
ブラシが届かないような部分の汚れは
使用済みの歯ブラシや、布を巻付けた割り箸を使うときれいに落ちます。
トイレのふたの黒い汚れ
トイレのふたの裏に付きやすい黒い汚れ。これは便座の合成樹脂から発生する静電気が周囲のほこりを吸い寄せて便座表面に付着させたものです。この黒ズミ汚れは、台所用合成洗剤を100倍に薄めて、布などにつけて拭き取れば落とすことができます。
注意したいこと
  便器やロータンクの汚れ落としに耐水サンドペーパーなどは使わないようにしましょう。表面を傷つけることがあります。落ちにくい汚れには、クリームクレンザーを使いましょう。 洗剤などの注意書きをよく読んでお使いください。
戻る
 
故障かな?
水が止まらない
便器内の水位があがる
便器内に紙や汚物が残る
ハンドルを回しても水が流れない
手洗いからの水の出が悪い
お掃除知っ得情報!
みんなの工夫
各部の名称
水アカとは?
プロに頼む
Copyright(c) LIXIL Total Service Corporation.
サイトご利用条件プライバシーポリシー